感染症対策ルール

ホーム > 感染症対策ルール




感染症対策ルール
(2021/9/20)

教室で対面授業を行うにあたり、以下のルールを策定しています。
ご理解・ご協力をお願い申し上げます。
▼登塾前
□ 体温を測り、発熱やだるさ・息苦しさ・頭痛などの症状がある場合には、授業の振替や映像授業をご活用ください。発熱・咳の症状がある方のご入室はお断りします。
登塾前に体温測定できなかった場合は、各校舎入口の検温器で測定してください。
□ マスクや(使い捨て)ハンカチ等、持ち物を確認してください。マスク着用なしでご入室はできません。
□ 教室内では換気を優先しているため、衣服で調節していただく必要があります。寒暖に対処しやすい衣服で登塾してください。
□ 授業のある教室には始業開始1時間前から入れますが、通常授業の後クラスは前クラス終了まで入れません。待合室の人数に制限がありますので、後クラスの方はなるべく授業開始時刻の5〜10分程度前に着くようにご出発ください。(現在、自習室は使用を中止しています。)
□ ホームページ「時間割」にて、受講クラスの教室を確認のうえ、登塾してください。
□通常授業の欠席・振替・クラス変更については、こちらをご覧ください。
□特別授業(春期・夏期・冬期・直前講習)の欠席・振替・クラス変更については、こちらをご覧ください。

▼登塾後
□ グノーブル施設内では、必ずマスクを着用し、口と鼻を覆ってください。
□ 教室に入る前に、要所に備え付けてある消毒液で、手指の消毒を行ってください。
□ お手洗いに洗剤を常備しています。手洗いを励行してください。
□ エレベーターの使用を控え、階段で昇降してください。階段も含めて施設内は右側通行です。
□ 常に他者と距離を取れるよう、気をつけて行動してください。
□ 教室でお飲み物以外の食事をとることは極力控えてください。やむを得ずとる時は、手洗い後にしてください。
□ 教室内において、生徒同士の会話は極力ご遠慮ください。
□ 登塾後に具合が悪くなった方は、講師や受付に遠慮なくお申し出ください。
□ 授業の前後に質問をする時には挙手して、講師の指示に従ってください。
□ メール、電話、FAXでも、各種お問合せを受付しております。校舎受付カウンターへのご来訪は、密集を避けるためできるだけご遠慮ください。

▼大学受験グノーブル講師・職員の取り組み
□ 勤務中は常に不織布マスクを着用し、手指の消毒に努めます。
□ 教室の教卓机、受付カウンターには、透明な塩ビ板のシールドを設け、飛沫の飛散を防止しています。
□ 座席の配置を全教室で見直し、密にならない環境作りに努めています。
□ 教室内の換気を徹底します。窓・ドア・換気扇・サーキュレーターを利用して、常に換気に注意します。
□ 授業前に必ず机の拭き取りを行います。ドアノブ・階段手摺・受付カウンターなど手が触れる部分の拭き取りを頻繁に行います。



例:新宿1号館受付カウンター

例:新宿1号館教室


講師が体調不良の場合は代講、または休講とします。休講の場合、授業料を返金させていただきます。
状況の変化に応じて、授業日程の変更や対面授業中止の措置をとる場合があります。
ホームページにて発表いたしますので、随時ご確認ください。


ホーム > 感染症対策ルール